FC2ブログ
つながる。 人、未来、笑顔、ありがとう ♪
奈良市 まつもと歯科医院の日々の日記
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

酸蝕歯
「酸蝕歯(さんしょくし)」ってご存じですか?

phoi.png



食べ物や飲み物に含まれる酸により、歯の表面が溶けてしまうんです。

溶解が進行すると、冷たいものがしみる「知覚過敏」の症状を引き起こしてしまいます。

その原因は、炭酸飲料、ジュース、ワイン、野菜やフルーツ、お酢です。
普通の摂取量では問題ありませんが、過剰に摂取することで歯が悪くなる場合があるので注意が必要です。

酸蝕歯から歯を守るには、

 ★ 酸性飲食物を摂取した直後にブラッシングしない。(30分経過してからブラッシングする)
 
 ★ 食生活・生活習慣を見直す。

 ★ フッ素入り歯磨き剤やジェル・洗口液を使う

酸蝕歯の原因となる酸性の飲食物は、私達のとても身近にあるものばかりです。
残念なことに、身体に良いことと歯に良いことは必ずしも一致しません。
健康のためと積極的に摂取していたものが、実は歯の健康を害していたということがあるので注意が必要なのです。


スポンサーサイト




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。