FC2ブログ
つながる。 人、未来、笑顔、ありがとう ♪
奈良市 まつもと歯科医院の日々の日記
歯周病の有病状況
平成23年の歯周病の有病状況です。

sishuubyou.png

簡単に説明すると、Code3と4が歯周病になっている人です。

特に55歳以上の方では半数の割合で歯周病になっています。

歯周病は、むし歯と違い、痛みを伴うことが少ないので、歯周病を治して欲しいと来院される方は
決して多くはありません。

しかし、中高年以降は、歯周病が歯を喪失する第1位の疾患という統計結果が出ています。

よく聞かれる質問です。

①どの歯磨き粉を使えば歯周病は治りますか?

 答:歯磨き粉は重要ではありません。歯周プラーク(歯垢)を機械的に除去することが大切です。

②歯石だけとったら歯周病は治るんじゃないの?

 答:長期的安定を実現するには、歯周プラークを除去する習慣を身につけなければ治りません。

患者さんと歯科医療従事者が協力しあって初めて、歯周治療を成功へと導くことが出来るのです。

物や道具に頼ることも時には必要ですが、意識を変える努力も必要だと思います。

何らかの症状をお持ちの方は、お近くの歯科医院にて検査してもらいましょう



スポンサーサイト