FC2ブログ
つながる。 人、未来、笑顔、ありがとう ♪
奈良市 まつもと歯科医院の日々の日記
歯を失う原因
歯を失う主な原因は、

 1位:歯周病(歯槽膿漏)
 2位:う蝕(虫歯)

です。

特に、歯周病は年齢とともに悪化して40歳以降、急速に歯が失われる原因となります。

では、どんな歯が喪失原因になりやすいのでしょうか

 ・歯周病が進行している歯
 ・未処置歯の虫歯
 ・クラウン(冠)装着されている歯
 ・部分義歯の針金がかかる歯

つまり、歯周病とむし歯を予防することが出来れば、歯を失うリスクは激減します。

その為には、早期発見・早期治療が大切です

むし歯を治しても、歯周病を放置すると歯を失うリスクは残ったまま。
糖尿病・心疾患との関連性についても報告されています。

お口の健康、そして全身の健康のため、歯周病を治療・予防しましょう。
                


奈良市 あやめ池 学園前 大和西大寺 まつもと歯科医院


スポンサーサイト