FC2ブログ
つながる。 人、未来、笑顔、ありがとう ♪
奈良市 まつもと歯科医院の日々の日記
歯石
こんにちは

まつもと歯科医院・院長の松本です。

当院には、歯石取りを主訴に来院される方がたくさいんいらっしゃいます。

この歯石を取ることは非常に大切です。

そして、もっと大切な事は、プラーク(歯垢)をしっかりと取ることです

何故なら、プラーク(歯垢)こそが、歯周病・虫歯の主原因だからなんです。

歯周病を治すには患者さんの協力が必要不可欠になります。

本当の「口腔内の健康回復・維持」を求めるならば、原因を探し、一緒に考えながら、
歯周病・虫歯の予防・治療を進めることが重要になります。

歯石は、歯垢が石灰化し、歯の表面に付着したものです。

この歯石には二種類あることをご存知でしょうか?

歯肉縁上歯石と歯肉縁下歯石

siseki.jpg

歯肉縁上歯石:歯茎の上についている歯石
歯肉縁下歯石:歯茎の中についている歯石

歯石自体が悪さをすることはないのですが、表面はザラザラしている為、プラーク(歯垢)が

蓄積しやすいのです。

その結果、歯肉が炎症を起こして、歯周病が発症してしまいます。

我々が、歯石除去をする目的は歯周病を憎悪させてしまう環境を改善する為です。

目的を「歯石除去」とするか「歯周病治癒」にするかでは大きく意味が違います。


極端な話をすると、口の中がプラーク(歯垢)いっぱいで「歯石除去」だけしても意味がありません。

何故なら、プラーク(菌)がつきやすい環境は少し改善しても、

歯周病・虫歯の主原因を取り除く歯磨き力が身についてないからです。

誰しも、自分の歯がなくなっていいと考えている人はいないと思います。

「口腔内の健康回復・維持」の為に何が大切なのか考えてみませんか


スポンサーサイト